「姦通」とは何か調べてみました

皆さんは「姦通」という言葉をご存知でしょうか?

今の日本においてはあまり聞かれることの無い言葉かと思いますが、何となくは知っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、この姦通という言葉の意味についてなどをお話していきたいと思います。

姦通の定義

姦通とは、社会的にも道徳的にも容認されない不貞行為や性交渉を持つことを意味しています。

似たような意味として「不義密通」というものも存在しています。

一般的には、既婚者が自分の配偶者以外の人と身体的関係を持つ行為のことを言います。

現代の不倫や浮気という行為とイコールだという認識で構わないでしょう。

また、刑法のもとでは「姦通罪」というのものも存在していました。

社会的・道徳的に容認されない関係とは?

姦通という言葉を知る上で、社会的にそして道徳的にも容認されない関係というものについて知っておくと良いでしょう。

この関係とは、既婚にもかかわらず配偶者以外の人もしくは第三者のめかけや親の保護下にある女性と身体的関係を結ぶことを言います。

また、父系親族や同性愛などが含まれている場合もあるのです。

許可があれば良い場合も

自分自身が独身で、第三者の保護下にある女性に対し「許可無く」身体的な行為に及ぶこともまた姦通であるとみなされていました。

この場合、結婚を申し込んで許可を得ている状態などは除外されています。

当時、様々な事由から許可が認められないという背景もあり、駆け落ちや心中などという惨事にも繋がったとも言われているのです。

様々な宗教と姦通

この姦通は日本独自のものではありません。

ユダヤ教やキリスト教、またはイスラム教においても同じような表現があり、幅広くさまざまな国で取り入れられていた考えという事が出来るでしょう。

また、日本を含めこれらを犯したものは処罰するという規定を設けられていたこともありました。

現代の姦通

今では、姦通という言葉を用いる機会も法律もなくなりましたが、不貞行為に対する損害賠償などは請求できます。

このことから、道徳・不道徳の観念などをしみこませた大きな要因であるとも言えるでしょう。
インターネットが一般的になっている現代の状況下では、検索サイトで「不倫サイト」や「不倫掲示板」、「不倫SNS」などと検索すると多くの専用サイトが出てきます。
実際に「不倫ができるSNSや掲示板サイト」というふうに検索して探せるサイトで不倫相手を探すことが容易な世の中なので、これからも不倫という行為がなくなることは不可能なのかもしれませんね。